マイセンで稼ぐための5つの方法

マイセンで稼ぐための5つの方法

高級磁器の代名詞と言われ、知名度の高いマイセンは大変人気があります。特に19世紀のマイセンは現代のものよりも絵付け技術がすばらしく、芸術的、美術的にも大変価値があると言われています。大変価値があり、人気もあるマイセンですが、ヤフオクなどの市場では供給が不足しているそうです。大きな市場で、儲かりそうなのに、なぜ供給が不足しているのでしょうか?



マイセンは300年程前にヨーロッパで初めて硬質磁器を生み出したドイツの窯です。特に19世紀の作品は優れていると言われ、アンティークマイセンは大変人気があり、ヤフオクなどの市場でも供給が追い付かない状態です。マイセンは輸入ビジネスの中でも儲かると有名で、仕入れさえできれば儲かるとも言われています。

しかし、それだけにライバルも多く、仕入れることが難しいです。また、人気があるだけに偽物も多く出回っていて、確信犯かどうかわかりませんが、eBayでも偽物を本物のマイセンとして売られていることもあります。

また、マイセンは1級品ではなく、2級品や級外品も多く出回っています。1級品と2級品、級外品では倍以上値段が違います。大変人気があり、扱うと儲けると言われているマイセンですが、マイセンで稼ぐためには、どのような方法があるのでしょうか?


マイセン5つの転売法

①商品の知識を身につける

19世紀に作られたマイセンは、絵付けの技術が現在よりもすばらしく、芸術的、美術的観点からみても優れているものが多いそうです。また、商品の品質を見るポイントとしてポーセリンマークがあります。これは、メーカーや年代、品質を見分ける目安になります。

ただ、ポーセリンマークにも偽物がありますので、注意が必要です。特にマイセンは、有名で人気があるので、偽物も多く出回っていますので、商品の知識を身につけて、本物を見分ける力をつけましょう。また、マイセンに限らず陶磁器のコレクターは絵柄や形にエピソードがあるものを好みます。商品の歴史や背景などを調べて、知識として身につけておくと、価値のある商品を仕入れることができ、稼ぐことができます。

②仕入の方法

マイセンは大変人気がある大きい市場ですが、供給が足りていない状態なのでマイセンは輸入ビジネスの中では儲かると言われています。当然、儲かる市場ですのでライバルも多く、仕入れが困難です。アメリカのeBayでは人気があるので値段が釣り上がってしまい、予算をオーバーすることも多いそうです。

マイセンはドイツの窯ですのでヨーロッパ圏には比較的出回っています。仕入の方法としてドイツやフランスなどのヨーロッパ圏のeBayから仕入れたりヨーロッパ圏に住んでいる日本人に探して仕入れてもらうなど工夫が必要です。

マイセンは輸入ビジネスでも一番儲かると言われていて、市場も大きく、供給が足りていない状態です。ただ、マイセンを扱う場合、仕入の費用もある程度かかります。また、集中して扱うことで、マイセンの知識も身について、いい商品を仕入れることができるようになります。マイセンを扱う場合は、マイセンだけを集中して扱うことも、マイセンで稼ぐポイントです。

④目利きになる

マイセンは不動の地位を守り続けるために、厳格な品質管理を行い、優れた品質のものを1級品として世に送り出してきました。しかし、世の中には、マイセンと偽った偽物や、2級品や級外品などの品質が悪いものも出回っています。2級品や級外品は1級品の半分くらいの値段でしか売れません。マイセンで稼ぐためには、1級品を扱うようにしましょう。

実はこの1級品と2級品の違いはすぐにわかります。先に説明したポーセリングマークとは2つの剣を交差させたようなマークになっていて、そのマーク中心に対して横にひっかき傷があります。この傷は2級品であるという証です。また、マイセンの大きな特徴は、絵付けがすべて手書きであることですので、この点も注意して見るようにしましょう。

⑤商品リサーチ

アンティークのマイセンはとても人気がありますが、アンティークのマイセンのすべてが高値で売れるわけではありません。今、どういったものが人気があり、高値で売れているのか、人気の商品、売れる商品をリサーチすることは大切です。

アンティークのマイセンでも、特に人気があるのがブルーオニオン、インドの華、ピンクローズ、イエローローズという各シリーズの6客21点セットです。これは6人用のコーヒーセットでebayから10万円で仕入れてヤフオクで20万円以上で売れる事もあります。

他にも20cm以上の高さがある人形などは大変人気があり、高値で取引されています。また、1910年から毎年発売されているイヤープレートも人気の商品です。


いかがだったでしょうか?

マイセンは知名度が高く、大変人気があり、輸入ビジネスの中でも儲かる商材です。仕入さえできれば儲かると言われています。しかし、人気があるだけにライバルも多く、仕入れは困難な状況です。マイセンの市場は大きな市場ですが、需要に対して供給が追い付いていない状態なので、仕入れの方法などを工夫すれば、稼ぐことができる市場です。本記事で述べたマイセンで稼ぐ5つの方法を参考にして、マイセンで稼げるようにがんばっていきましょう。