ドイツからの個人輸入7つのポイント

ドイツからの個人輸入7つのポイント

ドイツの経済はヨーロッパで1番。世界でも非常に発達した市場の一つです。その要因として、世界有数の貿易国という事があげられます。日本でも車をはじめ、化粧品・時計・おもちゃ等多くの輸入をドイツから行っています。今の時代では大抵の商品をインターネットを通じて手に入れる事が出来ます。

しかし、欲しい商品が中々手に入らないという人も多くいます。その場合、個人輸入で手に入れる事が出来ます。なぜ個人輸入が増えたのでしょう?



日本でも海外から個人輸入を行い転売して利益を出す人が増えてきました。これは国内でもドイツ製に限らず海外の商品の需要が高いからです。いくらインターネットが普及しても、オンラインショップや国内の店舗に無い商品も多数あります。ドイツ製の物は高品質であり、技術的にも世界トップクラスの評価が高いのです。安くて質の良い物を求める傾向が強く出ていましたが、今では高級志向の方も増えています。そういった意味ではドイツ製の商品は今の時代に合っているのでしょう。

国内でもドイツ製の商品を欲しがる人が多くいます。個人輸入されている人も多くいます。幅広いジャンルで需要が高いので、個人輸入を行い転売で利益を出す人も増えています。その一方で個人輸入でうまく利益を出す事の出来ない人も多くいます。

ではどうすれば上手な個人輸入で稼げるのでしょう?


ドイツから個人輸入をするための7つのポイント

①需要のある商品を知る

ドイツと言えば車が真っ先に頭によぎります。しかし車を個人輸入するのは難しいですし、多額のお金がかかります。お酒類からパソコン用の機材等、ドイツ製の商品では幅広いジャンルの物があり、需要も高いです。その中から日本で売れる商品を探すのです。季節の物よりは、ブランド物やヴィンテージ物が良いでしょう。

②子供用のおもちゃにも注目する

輸入商品に興味があるのは大人だけとは限りません。ドイツはもともとボードゲームやカードゲームが盛んな国です。今では日本もカードゲームをするユーザーも増えており、個人輸入で商品を手に入れようとする人多くいます。

③赤ちゃん用のおもちゃも需要がある

子供の物にお金をかける親も多くいます。ドイツ製の木のおもちゃも人気がありますので売れ筋の物はチェックしておきましょう。個人輸入の場合関税の問題も出てきます。人形やプラスチック製の物だと2.8%から4.0%程税率がかかる事もありますが、木製の物はほとんどかからない場合があります。これもポイントの一つとして押さえておきましょう。

④人気のキッチン用品も見逃さない

やはり主婦向けの商品も押さえておく必要があります。なんだかんだ言っても家計を握っているのは主婦の方が多いです。しかし、そのような方は個人輸入に疎い方も多くいらっしゃるので、主婦向けのキッチン用品も需要があります。特に今では海外でロケを行い海外のお店で食器やキッチン用品を購入する芸能人も多くいます。その効果もあり、ドイツに限らず、海外の食器に興味を持つ人も増えました。またドイツの食器やキッチン用品はデザイン性も優れておりバリエーションも豊富な事から国内でも購入を検討する人や、個人輸入を行う人が多いのです。

⑤ブランド物の時計は必要不可欠

ドイツと言えば時計も有名です。おしゃれの定番でもありますので需要が非常に高いです。時計はドイツ国内での購入金額と日本国内での相場とで2から3倍程度差が出る事もあります。これは圧倒的に個人輸入したほうが安く手に入るという事です。他の物に比べ、時計は高価な物だという認識があるので、輸入品だから安いではなく高くても納得という人が多いのでしょう。しかもドイツ製の物はデザイン性・バリエーション・技術的な要素も高いことから高価でも購入したいという人は多いです。

⑥季節物はリサーチを入念に行う

洋服等の季節物は入念にリサーチが必要です。特に今現在の日本での流行があるかどうかです。ドイツという国はもともと流行とは無縁と言っても良いくらい、流行廃りが無いのです。一つの物を長く使う国なので、年間のゴミの量も少ないのです。ファンションに関しても同様で、最先端を追及するようなことも少ないでの他の国と比べても確実に日本でも売れると言った物は少ないです。なので季節外れの物を格安で仕入れて、その季節になったら転売するというのは難しいのです。

⑦ドイツのコスメは必見

ドイツはその品質にこだわる国で、その技術も凄いです。ファッションにこだわりが無い分、コスメに関しては他国でも圧倒的な支持があります。それは日本も例外ではないのです。今ではドイツのコスメ専門店もあります。中には個人輸入でドイツのコスメを購入している人も多くいます。女性の美への追求も大きな要因の一つで、市場に拍車がかかっています。


いかがだったでしょうか?

ドイツには品質の良い商品が多くあります。個人輸入で手に入れる人もいますが、国内でも需要が高いので転売で稼ぐ事も十分可能です。しかし、他の国と同じ感覚で個人輸入を行ってしまうとうまくいかないケースも多々存在します。

ポイントを押さえ、ドイツからの個人輸入を充実出来るように頑張っていきましょう。

Speak Your Mind