個人輸入で代行サービスを使う7のポイント

個人輸入で代行サービスを使う7のポイント

海外の良い商品を個人輸入で手に入れる人が増えています。日本で人気がある商品でも海外ですと安く手に入る事が多いのです。商品の価格は各国で違います。そして海外から個人輸入を行い、日本で転売して稼ぐ人も多くいます。中には、個人輸入は外国語が分からないから無理と諦めている人も多くいます。しかし現在では輸入代行業者も多数あります。ところで輸入代行業者とは何でしょう?



輸入代行業者とは、その名の通り輸入を代行してくれる業者さんです。海外の商品を輸入するには関税を含め、出品者とのやり取り等を仲介して行ってくれる業者の事です。語学や法律を知っていなくては問題になるケースも多いので、自信のない人は代行業者を利用し、個人輸入を行うのです。

しかし、個人輸入を行う人が増えた事により、代行業者もかなり増えました。そして、その代行業者の善し悪しを見極めるのも難しいです。

しかし、実際にはその代行業者の善し悪しを見極め、個人輸入の転売で稼ぐ人も多くいます。では、どのように良い輸入代行業者を見極め、個人輸入で稼ぐにはどうしたら良いのでしょう?


個人輸入で代行を使うポイント7点

①商品の幅を広げる

代行サービスを利用せずに、個人輸入で商品を購入する事は可能です。しかし、直接海外の店舗もしくは、オークションであれば出品者とやり取りをするのは難しいです。また個人向けに売っている物はバリエーションが少ない場合があるのです。個人輸入を行い、転売で稼ぐには豊富なバリエーションの中から、日本で売れる商品を探す必要があるのです。輸入代行サービスを使う事により、店舗・出品者はより多くの商品を売ろうとして品数を増やす事もあります。

②個人輸入では購入できない場合もある

店舗・出品者によって異なりますが、個人宅への配送が出来ない事もあります。しかし、代行サービスを使う事により、代行業者が個人宅への配送手続きを行ってくれます。また日本への配送料も高くつく事もありますが、代行サービスを使う事で送料も安く抑える事も出来ます。これは代行業者が何人かの注文をまとめて海外から送るので、その分安くなるのです。

③手続きを簡略化出来る

輸入をするので、当然関税を支払わなければなりません。物やその材質によっても税率が違うので、全てを把握し手続きをするのは難しいです。しかし、代行サービスで輸入を行う場合は代行業者が行ってくれるので、こちらは必要な金額を払うだけで良いのです。

④信用出来る代行サービスを利用

昨今、輸入代行サービスを名乗る業者は多く存在します。残念ながら中にはあまり信用できない輸入代行サービスもあります。インターネットでの口コミ等を参考にするのも一つです。また最低でも特定商取引法などの法律を順守している業者を利用すべきです。せっかく、手数料等を支払って利用するので、念入りにリサーチするようにしましょう。

⑤輸入代行業者の選択ポイント

日本語で対応してくれる事が大前提になります。海外とやり取りをするわけですから、スタッフが英語等を話せるのは当たり前ですが、代行業者を日本で利用する人は英語が話せない事がほとんどです。なので、日本語で迅速に対応できる代行業者でないと意味が無いのです。またトラブル時には確かな日本が分かるスタッフがいないと困ります。

⑥海外オークションでも代行サービス

輸入代行サービスの中に、海外のネットオークションでの商品の落札、輸入もあります。ネットオークションは各国で行われており、そこでは日本で販売していない物や、希少価値のある掘り出し物が出品されている事があります。

しかし、海外のネットオークションでは表記が英語や現地の言葉で記されているので、翻訳ソフトを使っても正しく翻訳出来ない場合もあります。そのような時に代行サービスを利用すると非常に便利です。ただし、全ての代行業者がオークションに対応しているわけではないので、利用できるかどうかは代行業者に確認しましょう。

⑦旬を見逃さない

輸入代行サービスを利用するメリットの一つとして、商品の希少価値があげられます。輸入代行サービスを利用することにより、海外では販売しているが日本ではまだ販売されていない商品、流行の最先端の商品をいち早く購入する事が出来ます。

新商品のサイクルが短くなっている今では、欲しい商品・日本で転売できる商品を早く手に入れられるかは重要な事です。直営店なら国内でも買えるかもしれませんが、そもそも直営店が近く無い場合や海外に行って購入する事が困難な場合は代行サービスを利用した方がメリットがあります。


いかがだったでしょうか?

個人輸入をするにも代行サービスを利用した方が、メリットがあるのです。欲しい商品・売れる商品をいち早く手に入れるには輸入代行サービスを利用した方が良いのです。本文の7つのポイントを抑えて賢く個人輸入を行いましょう。