輸入転売が他の在宅ネットビジネスより優れている5つのポイント

輸入転売が他の在宅ネットビジネスより優れている5つのポイント

インターネットの普及により働き方は大きく変化してきています。特に、インターネットを利用し自宅で出来る在宅ネットビジネスはその手軽さから主婦を中心に人気であり、様々なものが存在しています。しかし、多数存在する在宅ネットビジネスにおいて輸入転売が他の在宅ネットビジネスよりも優れているという事実があります。
それはいったいなぜなのでしょうか?



現在は様々な在宅ネットビジネスが存在しています。会社のロゴデザインやゲームキャラクターのデザイン画の作成といった、デザイン系。録音した議事録のテープ起こしやデータ入力、ホームページの記事作成などの事務系・ライター系。ホームページの作成や、アプリ開発などのプログラミング系。自分の得意分野に関する情報を商材としてインフォトップなどに登録し、販売を行う情報商材系。メーカーの商品や、情報商材といったものに付いているアフィリエイトで稼ぎ出すアフィリエイト系や、ヤフオクやAmazonで転売を行う転売系。本当に様々な在宅ネットビジネスが存在しています。

このたくさんある、在宅ネットビジネスの中で、輸入転売ビジネスが優れているのはなぜか?これから在宅ネットビジネスを始めようとするあなたに、その秘密を解説していきましょう。


在宅ネットビジネスなら輸入転売

①特別な技能がいらない

在宅ネットビジネスの中のデザイン系、事務系・ライター系、プログラミング系というのは元々その道のプロの方がフリーになったり、独立した場合にその実績を元に行うケースが多いです。その分、転売ビジネスの基礎は「安く仕入れて、高く売る」なので一般的な知識があれば問題ありません。在宅ネットビジネスの中でもハードルが低いと言えます。

②売値を自分で決められる在宅ネットビジネス

前述しました、デザイン系、事務系・ライター系、プログラミング系というのは業務完了で報酬となります。基本的に依頼主からの報酬提示ですので、自分で決められません。輸入転売ビジネスは、扱っている商品の売り主が多ければ価格競争となりますが売り方さえ間違わなければ売値を自分で決められます。つまり、自分で報酬を決められるのです。さらに、付け加えると最近ではオークファンという各オークションサイトでの売れたものとその値段を検索出来るサイトがあり、あらかじめそこで「売れ筋か、適正な値段はいくらか?」というのが調べられます。

競馬でいうと、馬が第4コーナーを回ったところで馬券を買うようなものです。つまり、「確実に売れるものを仕入れる事が出来る。」ということであり、素人でも目利きのプロと同じ土台で勝負ができるのです。いわば、最強の在宅ネットビジネスとも言い換えることも出来ます。

③即金性に優れている在宅ネットビジネス

アフィリエイトなどは、登録や資料請求するだけで報酬となるものがありますが金額が低いです。逆に、金額が大きいものの場合は、成立条件が難しかったり成立条件が確定するまでの期間が長かったりします。輸入転売ビジネスの場合、売買成立したところですぐ金額が入ってきますので即金性に優れていると言えます。

④競争相手が少ない在宅ネットビジネス

輸入転売ビジネスをいうと、一般の方は「英語などの外国語で書かれた商品説明なんか読めないから、仕入れが難しい。」という方がほとんどではないでしょうか?そこに、競争相手を少なくさせる要因があります。現在、インターネットでは翻訳サービスというものもあります。Googleでは、ホームページのアドレスを入力するとページごと翻訳して表示してくれます。つまり、言葉の壁も無いということです。
さらに、外国の製品には、国内の製品にはないデザインや値段で売られているものが多くあります。他の売主との差別化が出来るのです。

⑤「輸入」だけでなく「輸出」にも転換可能

輸入転売ビジネスとは、基本的に「安く仕入れて、高く売る」です。逆に、日本の製品を「安く仕入れて、高く売る」事も出来るのです。日本のアニメーションやキャラクターは海外では大変高い人気を誇っています。日本で仕入れやすく、海外で人気のあるフィギュアなどを輸出することで、大きな利益を得ることも可能なのです。「輸入」から「輸出」へ簡単に展開出来るのもネットビジネスの強みです。


いかがだったでしょうか?

輸入転売ビジネスが他の在宅ネットビジネスよりも優れている理由をお分かりいただけたでしょうか。モチロン、今回挙げたポイントだけで全てがメリットとなるわけではありません。あなた独自での多少の工夫とテクニックが必要なのは間違いありません。繰り返し、申し上げますが、在宅ネットビジネスはこれからも広がり続けます。

これから、輸入転売ビジネスに参加しようとしている方については本記事で述べたポイントをおさえて頑張って行きましょう。

Speak Your Mind