ネットビジネス失敗7つの例

ネットビジネス失敗7つの例

インターネットが普及しネットビジネスが急速な勢いで広まっています。ネットビジネスで十分な利益を得ている人はどのくらいいるでしょうか。残念ながら多くの方がネットビジネスに失敗して収入を得られていないのが現状です。しかしネットビジネスで成功している人がいることは事実です。ネットビジネスの成功と失敗にはどのような差があるのでしょうか?



ネットビジネスは大きく分けて4種類あります。それはポイント系、転売、コンテンツ販売、アフィリエイトの4つです。ネットビジネスのいいところは仕組みが出来れば自動で稼いでくれる、年中無休で働く、資源がデータなので初期費用もかからず、在庫が余らない点です。そこでおススメしたいネットビジネスはコンテンツ販売とアフィリエイトです。これらは上記の条件を全て満たしています。

しかしネットビジネスで成功する人は一握りです。継続的に収入を得るためにはどのようにネットビジネスを行えばよいのでしょう。また失敗する人は成功する人と何が違うのでしょうか?ネットビジネスの失敗には理由が必ずあるのです。これからネットビジネスで失敗する、やってしまいがちな例を述べていきたいと思います。


ネットビジネスで失敗する7つの事

①ターゲットを絞ってない

どんな年齢層の人も欲しがるような商品はあるでしょうか。若い人にも高齢者にも似合う洋服はないと同じで、ネットビジネスにおいても商品を売り込むターゲットを決めるのは大切なことです。仮に恋愛テクニックを教えるコンテンツを作成し売ろうとしても、その対象としている人を男性にターゲットに絞るか、女性にターゲットを絞るかでもコンテンツの内容が変わってくると思います。

②HPはシンプルかつ情報量を

HPが複雑では途中で購買意欲のある見込み客が離脱する可能性があります。それを防ぐためにはランディングページというものが使われます。これは全ての情報を一つのページに収められているページを指します。つまり読んでほしい内容は全て一つのページに記されているのです。

そこに既に購入したお客様の声など載せたり、多い質問内容を記して答えたりなど見込み客が安心して購入できるように分かりやすいページを作ることが大切です。インターネット上にランディングページが多く搭載されているので、そちらを参考にしながら見込み客の離脱を防ぐテクニックを身につけていきましょう。

③最初から多くの広告料を出す

これは広告料を多く出せば見込み客が多く集まり成約率も高まるだろうという発想です。しかし売り上げがどんなに上がっても、経費が多くかかってしまっては利益を上げることはできません。1億円稼いでも9000万円の経費がかかるなら、100万円の売り上げで利益が99万円の利益を得られる方がビジネスとしては有能と言えるでしょう。大きな広告料を出す前にテストマーケティングを行うことで利益を上げることにつながるのです。

④商品を押し売り

これについてはあなた自身も経験していると思いますが、メルマガなどでセールストークを読んだ時にいい商品だから買うべきだという内容のセールストークでは購買意欲すら湧いてこないことが分かります。飛び込みでの営業と同じようなことをしているのです。

まずはメルマガの内容を次回も読みたいと思えるような内容や情報を載せることで読者との信頼や購買意欲を掻き立てることが必要です。物事には順序が必要で、自分が売っている商品の良さを伝えるために、読者がその商品を購入した後にどのような利益を得られるのか、感情を得られるのかを伝えることが大切なのです。お客様はあなたの商品が欲しいのではなく、商品を購入した後の快感が欲しいのです。

⑤需要がない商品

ネットビジネスでは売れる商品と売れない商品があります。たとえばブラウン管テレビをアフィリエイトしても絶対に儲からないのは目に見えています。売れる商品は人気商品、新商品、ネットで売れるもの(持ち運びが面倒なものや格安のものなど)といったものがあります。売れる商品は特にビジネスに関するものが多いです。お金で悩んでいる人がそれほど多いということだと言えます。またマニアがいる分野(骨董品など)においても売りやすい商品と言えます。一度Googleトレンドなどで検索の多いキーワードなど調べるのも良いでしょう。

⑥決済方法が限られている

決済方法が銀行振り込みしか行っていないなど、見込み客はこれを見ただけでも購買意欲が下がってしまうものです。お客様は面倒なことはなるべくしたくないのです。またどうしてもその商品が欲しくても現在、現金がない場合買うことを先送りにしてしまいます。そうならないためにもクレジットカードでの支払いや代行払いなど、様々な決済方法を選べることでも見込み客が離れていかない一つの要因になるのです。

⑦集客が出来ていない

集客できていなければどんなに良い商品を持っていても購入してくれる人はいません。おススメの集客の方法は無料レポートスタンドでコンテンツを無料で提供することです。電子書籍なんかも良いと思います。無料で情報を提供する代わりにメールアドレスを取得することが出来ます。

ネットビジネスにおいて集客とはメールアドレスを集めることに等しいです。広告を出す、SEO対策する、SNSで無料レポートスタンドへリンクさせるなど様々な方法があります。自分のブログやレポートを読んで有益だと思ってもらえることが出来れば、さらに集客しやすくなるでしょう。読者が得したと思えるような情報を提供していきましょう。


いかがだったでしょうか?

ついついやってしまいがちなネットビジネスの失敗例を挙げていきましたが、どれも重要なことです。ネットビジネスは始めやすいが軌道に乗るまで(システムを構築するまで)は時間がかかります。どうしたら見込み客の購買意欲を掻き立てられるのか、見込み客を離脱させないかという視点がとても重要になってきます。

Speak Your Mind