アフィリエイトのやり方7つの稼ぎ方

アフィリエイトのやり方7つの稼ぎ方

スマートフォンやタブレットの普及とともに、商品販売のやり方も変わってきています。実店舗からネット上の仮想店舗での販売へシフトしている中、アフィリエイトの注目度が上がってきました。簡単に稼げるやり方をまとめた本やノウハウを公開したサイトを参考に、アフィリエイトを始める人も増えています。でも全員が稼げるわけではありません。では、どのようにすればアフィリエイトで稼げるのでしょうか?



アフィリエイトを始めた人の多くは、まず最初にこれでもかとばかりに大量の商品を紹介する傾向があります。質より量を重視してしまうのです。わかりやすく言えば、専門店よりもなんでもそろうスーパーのような存在を目指してしまうのです。しかし、売れる商品を見極めることなく、ただ商品を紹介しているだけでは、大幅な売り上げ増は見込めません。今、どのような商品が売れているのか、どんな商品を紹介すればいいのか、どのように紹介すればいいのかをじっくり考えることが稼げるアフィリエイトのやり方として重要なのです。

「急がば回れ」ということわざがあります。いきなり売り上げアップだけを考えずに、長期的な展望に基づいたアフィリエイトサイトを作ることが稼げるやり方でもあります。つまり、良質なサイトを構築することが商品を購入したいと思っている人、関心の高い人に注目される第一歩と言えます。これから、商品に興味や関心を持った人がサイトに訪問する仕組み、アフィリエイトで儲けるやり方をじっくり見ていきましょう。


稼げるアフィリエイトのやり方7つの方法

①テーマごとにサイトを作る

サイトのテーマを絞ることは重要です。アフィリエイトとしては、いろんな商品を紹介すればするほど、より多くの集客が期待できると考えがちですが、実はそれは焦点がぼやけてしまい、かえって効果が薄くなるやり方です。一方、1つのものに集中すると、それだけ内容が濃くなり、SEO的にも強いのです。もし、複数のテーマを扱いたければサイトを複数用意しましょう。複数のサイトをお互いリンク付けることもアフィリエイトで稼ぐやり方の一つです。

②日常の話がメインのブログを作る

アフィリエイトを始めて、売る気満々で商品紹介をしても、サイトの存在が世間に知られていなければ集客は見込めません。稼げるアフィリエイトのやり方は、集客アップを目指すことです。日常の何気ない話題で客寄せをする、集客専門のブログを作りましょう。そして、そのブログから商品を紹介しているサイトにリンクしましょう。訪問客を自然に誘導するのが稼げるアフィリエイトのやり方です。

③定番商品を扱う

アフィリエイトで扱う商品については、定番商品がオススメです。同じ商品を紹介しているライバルも多いですが、サイトの作りをよくすれば検索結果の上位に表示されるようになります。流行り廃りがないため、長期間売り上げが期待できます。記事の更新なしで長く継続できるのが賢いアフィリエイトのやり方です。

④旬の題材を扱う

朝の情報番組で紹介されたものをすばやく紹介するのが流行の波に乗るアフィリエイトのやり方です。情報の俊敏性で勝負するため、サイトの作りを凝ったものにはできませんが、消費者の反応が早いのが特徴です。日常の話題のブログに記事をまぜるのも自然でポイントが高いです。さらに集客アップが期待できます。

⑤ニッチな商品を扱う

目立たない商品を紹介するのは、アフィリエイトのやり方としては効果が薄いと思われがちですが、他の人が紹介していない分、検索したときに上位表示される可能性が高くなります。定番商品の関連商品で、今までありそうでなかったもの、こんなものがあれば便利だなと思うものを消費者目線で記事を書くと、売り上げアップにつながります。

⑥商品の説明は詳しくする

紹介している商品のことをあまりよく知らない人に対して、完璧に理解してもらえるような説明ができるサイト作りを目指しましょう。他のサイトを見なくても、商品がわかるのがアフィリエイトサイトとして合格点のやり方です。そして、説明文の語調にも注意しましょう。断言する形で自信を持って説明していると、訪問者も安心して商品を購入してくれます。

⑦商品の写真を載せる

ひたすら字で埋め尽くされたサイトは、そこにどんなにすばらしい文章が書いてあっても、読みにくいものです。写真を入れることで印象に残りやすいのです。人間の視覚に訴えるのがアフィリエイトのやり方です。アフィリエイトも写真が大事です。そして、文字の商品名のリンクはもちろん、写真にもアフィリエイトのリンクを埋め込むのが稼げるやり方です。


いかがだったでしょうか?

このようなやり方で複数のサイトを作れば、アフィリエイトで稼げるようになります。稼げるアフィリエイトのやり方のポイントは、とにもかくにも消費者目線なのです。まずサイトに興味関心を持ってもらって、サイトに足を運んでもらうことが重要です。そして、訪問者が他のサイトに逃げることのないように、わかりやすい記事をまとめると、自然と集客でき、稼げるようになります。