情報商材は詐欺ではなく稼げる7つのポイント

情報商材は詐欺ではなく稼げる7つのポイント

いつでも、どこでも収入を得ることが出来る副業としてのネットビジネス。そのノウハウはインターネット上の広告で情報商材として販売されています。しかし情報商材詐欺や購入してもサポートを十分に受けられない、そもそも稼げるような情報商材ではないなど詐欺といっても過言ではない経験をされている人はたくさんいます。情報商材を売ってネットビジネスとして副業するには、どのような知識がなければいけないのでしょうか?



サラリーマンをして家族を養わなければならない、でもアルバイトは時間的に難しい、そんなあなたの時間的、空間的に融通のきく仕事がネットビジネスです。それは場所を選ばずネット環境さえあればいつでも、どこでもできるというメリットからネットビジネスは有効な副業で多くの人が実践しています。

しかしネットビジネスを学ぶために詐欺の様な情報商材を購入して失敗したり、実践してはいるが稼ぐことが出来ていない人がほとんどです。なぜネットビジネスで稼ぐことが出来ないかというと詐欺ではない本当の情報を受け取っていないためです。詐欺の様な情報商材が売れて成功している人もいれば、有益な情報を持っているのに稼ぐことが出来ない人もいる、それらの違いはどこから生じてくるのでしょうか。これからネットビジネスの基本的な考え方や方法論について述べていきたいと思います。


情報商材は詐欺にあらず7つの事

①あなたの情報は詐欺でない

まずは考え方を変えることが大切です。情報商材の広告を見ていると「うさんくさい」「人をだましている」と思っていないでしょうか?もし自分の売る情報がその業界で一番ではないかもしれないですが、あなたの情報で救われる人もいるのです。情報を売る時は「だましている」のではなく、あなたが培ってきたノウハウや知識がコンテンツを購入してくれた方のためになる情報を発信するという気持ちが大切です。

②情報を売るための必要条件

インターネットビジネスで稼ぐには3つの柱が大切です。それはあなたの情報をどのように売るのか(マーケティング)、どのように見込み客を集めるのか、どのような言葉であなたの情報コンテンツの良さを理解してもらえるかです。例えばGoogleはどのように収益を上げているのでしょう。

私達が使っているGoogleのツールはほとんど無料です。Googleは圧倒的な数の利用者への広告収入で収益を得ているのです。収入を得るためには集客は必須です。さらに集まった見込み客にセールストークしなければなりません。この3つの柱は頭に入れいて欲しいです。

③売り方を知る

先ほどGoogleを例にあげましたが、Free戦略と言って「メールアドレスを入力したら無料でサンプル提供します」といったものはこれに当たります。Free戦略によって多くのメールアドレスを集め、さらに興味のある方には深い内容の情報を提供する様なセールスをしていきます。その他にアップセルといって無料で提供していたものに追加して機能を付け加えたい、またはサポートをしてもらいたいなど、追加機能で収入を得る方法があります。これも最初は無料を提唱しているので見込み客の数が圧倒的に増えていきます。

これら無料で提供するものは使った人が良いものと判断しないと追加機能がほしいとは思いません。無料で提供するものほど力の入ったコンテンツを提供しましょう。また売れる分野の情報を売ることも大切です。今の時代ブラウン管TVを買う人はいないでしょう。それと同じように売れない分野を理解したうえで情報を売ることが大切です。

④集客をタダで行う

売る情報があってもお客様が集まってくれなければ商品は売れません。集客とはインターネットビジネスではメールアドレスを集めることになります。広告を出すことによってもメールアドレスを集めることはできますが、ここでは無料でできる方法を伝えます。それは無料レポート配信スタンドといったサイトで自分で作成したコンテンツを無料で提供する代わりにメールアドレスを取得することが出来ます。

その他にはFacebookやアメーバブログなどであなたのファンを作ることでランディングページという情報を販売するページへ誘導しメールアドレスを取得することが出来ます。無料でできるものは集客に時間がかかるというデメリットもあります。SNSで流す情報は一貫性があり、読んでくれる人の役に立つ情報をどんどん発信していきましょう。

⑤有料で早く集客する

先ほど無料レポート配信スタンドといったサイトでは、無料でメールアドレスを取得できる他に、有料ですがメールアドレスを購入することが出来ます。広告を出すことやSEO対策をすることも早くメールアドレスを集めるための一つの手段です。メールアドレスを購入することに関しては早く集客できますが、自分の売るコンテンツに興味がある人かどうかはわからないのがデメリットです。

⑥コピーライティング

情報を買うか買わないか結局それらを決定づけるのは文章です。ホームページに載っている商品に説明文が載っていなかったら誰も買わないのと同じでお客様は文章を読んで買うかを決定しているのです。文章を読んで買ってもらうにはその情報商材の必要性を感じてもらうことが必要です。商品を買う人はその商品が欲しいのではなく、その商品を手にすることで得られる感情がほしいのです。

例えば文章として「ビタミンが入っている商品です」というメッセージよりも「ビタミンが多く含まれていて肌がきれいになり、にきびがなくなります」といったように購入して自分がどう変われるのかを文章にすることでお客様の購買意欲が変わってきます。お客様の購買意欲を湧かせるような文章をぜひホームページやランディングページ、メルマガ、ブログに載せてみてください!

⑦SNSの利用

FacebookやTwitter、Google+、アメーバブログといった媒体を用いることで集客、セールスできます。日記やプロフィールを更新していくことであなたに共感してくれる人やファンを作ることでよりそれは効果的に集客、セールスすることが出来ます。そのためには一貫性のある有益な情報を提供していく必要があります。

これらの媒体のすごさはそれだけに留まらず、シェアしてもらえることで友達の友達まであなたの発した情報が流れるため、爆発的に口コミが広がっていく可能性があります。ぜひ有益な情報を日記やつぶやきに更新し続けてください。


いかがだったでしょうか?

ネットビジネスの基本的な考え方から、必要不可欠なことまでざっと述べましたが、ネットビジネスで成功している人たちは誰でも行っていることです。つまりこれらを実践することが出来れば、必ず稼ぐことが出来ます。これらを実践するのに時間がかかることもありますが、一つ一つの積み重ねが大切です。「継続は力なり」ではないですが、諦めずこれらのポイントを実践していきましょう。

Speak Your Mind